各タイプごとの糖尿病の主な原因

血糖値を下げることは可能です!糖尿病改善プログラム

▼MENU

各タイプごとの糖尿病の主な原因

このエントリーをはてなブックマークに追加

各タイプごとの糖尿病の主な原因はこちらです。


「1型糖尿病」の原因


インスリンを分泌している膵臓にあるβ細胞が破壊されることによってインスリンが作られなくなります。
ウイルスなどに感染することが原因であると言われていますが、本当の原因は未だにわかっていません。
若い世代に起こりやすい糖尿病であるとも言われており、現に20歳未満に多く見られる病気です。

また、何の前触れもなく突然発症するのが特徴で、発症すると急激に体調が悪化していきます。そのまま放置してしまうと糖尿病昏睡に陥ることもあります。
の治療が大切な糖尿病であると言っても過言ではありません。
脳が委縮する、神経細胞が死滅するなどある程度特徴はあるものの、原因が定かではない病気とされています。

そのため、アルツハイマー型糖尿病に、効果を発揮する正式な薬がなく、薬だけでは現段階としては症状を遅らせるなどの治療しかできないという実情があります。
症状に応じて各人に合った対応をとることで改善を目指していく必要があります。



「2型糖尿病」の原因


2型糖尿病は遺伝的な要因も大きいと言われています。
また過度の食べ過ぎやアルコールの摂取の摂りすぎといった生活習慣の乱れから起こります。
炭水化物やお菓子類、砂糖が多く含まれている食品、脂肪分の多い食事などを好まれる方は、2型糖尿病になりやすい傾向にありますので、十分な注意が必要です。
食の欧米化が進んできた事によって、日本人の糖尿病患者も年々増え続けているのが現状です。



「妊娠糖尿病」の原因


妊娠中はホルモンのバランスなどが崩れることも多いのも事実。
ですから、血糖値も上がりやすくなってしまっているのが原因で妊娠糖尿病になってしまいます。
体内で上手くインスリンを作る事ができなくなると高血糖となり数値として現れてきます。
インスリンが体内で作られない原因は一つではありませんンが、胎児が巨大児になる、羊水過多症に陥りやすいので、しっかりと治療を受けながら出産に臨むことが大切です。



さて、だいたいの糖尿病の原因がわかりましたか?

これは非常に大きく分類したものですが、ひとつの目安にはなるかもしれません。


糖尿病を改善するための基礎知識

糖尿病の原因と改善方法

糖尿病のタイプ

糖尿病体験談

プログラムの内容