やはりそうか・・・終わりのないインスリン注射の日々

血糖値を下げることは可能です!糖尿病改善プログラム

▼MENU

やはりそうか・・・終わりのないインスリン注射の日々

このエントリーをはてなブックマークに追加

大学病院で再度、精密検査を受けた結果、私は「境界型糖尿病」ということでした。

境界型糖尿病というのは、言ってしまえば糖尿病寸前。
血糖値が平常値と高の間にある状態です。

今まで血糖の項目で危険な値など出たことがなかったのに、急にどうして・・? 
診察室である程度覚悟はできていたつもりでしたが、やはりショックは大きく、医師の説明も上の空。

その日から、自身でインスリンを打ち血糖値をコントロールする生活が始まりました。

自分で自分に注射を打つなどという事は本当に恐ろしく、手が震えることもありました。

しかし人間慣れです。5回もしている内に「なんだ、大したことないな」と思えるようになり、注射自体はさして苦痛でなくなってきました。

しかし、常に血糖値の値やインスリン注射のことが頭から離れません。
食事も気をつける食材が多く、なんだか食べた気がしません。

また、医療費も馬鹿になりませんでした。

マンションのローンも残っているし、その他諸々の支払いもあるし、それに加えて毎月のコンスタントな医療費はやはり大きな痛手です。

ただ、失明や腎臓などがやられる「合併症」だけは避けたかったので、病院に通い続けました。

しかし、肝心の血糖値はなかなか下がりません。

インスリンを打ち始めた当初は、ちょっと針が触れる程度に下がったりはしたのですが、
しばらくすると打ち始める前と大して変わらない数値に戻ってしまったのです。

また私は親譲りの肥満体質で(親はそれでも糖尿病ではなかったのですが)、医師に痩せるように言われており、野菜中心の食生活に変え体重を5キロ落としたりもしました。

たった5キロとはいえ、私にとっては大きな変化です。
それでも肝心の血糖値にさしたる変化はありませんでした。


糖尿病を改善するための基礎知識

糖尿病の原因と改善方法

糖尿病のタイプ

糖尿病体験談

プログラムの内容