「もう、医者の言うことは聞かん!」自力で健康的な生活を取り戻せた喜び

血糖値を下げることは可能です!糖尿病改善プログラム

▼MENU

「もう、医者の言うことは聞かん!」自力で健康的な生活を取り戻せた喜び

このエントリーをはてなブックマークに追加

Cさんは、50代の頃に糖尿病になってから20年近く病院へ通っていました。
一か所ではなく、様々な病院を転々としていたのです。

ある病院では、やれ飯は食うな酒は飲むな、運動しろの一点張り。
言われた通りにしても血糖値は下がらず、とうとう通院するのをやめてしまいました。

次に行った病院では、血液細胞分析を行ない自分のドロドロの血液を見せられました。
そのまた次の病院では、2週間ほど入院し血糖コントロールを指導してもらいました。

ほう、と思って話を聞いたものの結局は、どの病院も似たようなことしか言いません。
精密機器を使う分医療費も高くついてかなわん、と通院をあきらめました。

Cさんは糖尿病患者にしては珍しく、とても痩せています。
ご飯は奥さんと同じくらいしか食べません。

運動も得意で、汗もよくかきます。
ただお酒が好きだったので、自分にできる改善方法といえば、禁酒くらいしか思いつかないのです。

医者としても、たいていの患者と違うのでアドバイスしづらいことは分かっていました。
しかし、日中気だるいのと夜間に足がしびれるのがとても辛いのです。

また、酒飲み友達が糖尿病を放っておいたら目の合併症が起きてしまい、
大手術になったと聞いて不安を抱えていました。

自分もこれ以上身体を壊すことになったらどうするか…?
もう、病院通いの生活が一生続くのか?

諦めかけたとき、ある方法に出会ったのです。

それを実践しはじめた途端、Cさんは今までと違う感覚を覚えました。
毎日その方法を続けていくと、僅かながら身体が軽くなっていく気がするのです。

そして2ヶ月後、なんと20年近く下がらなかった血糖値が下がってしまったのです!
もちろん、それ以降上昇することはありません。

身体の事を気にせず、ゆっくり晩酌を楽しむ喜び…。

その後Cさんは、病院探しに途方に暮れることもなくなり、
好きなお酒を楽しむ生活に戻ることが出来たのです。

一体、Cさんは何を行なったのでしょうか?


糖尿病を改善するための基礎知識

糖尿病の原因と改善方法

糖尿病のタイプ

糖尿病体験談

プログラムの内容